FC2ブログ
でっちどん平成大野屋奮闘日記
福井県大野市の平成大野屋番頭会で奮闘する日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

「歴史・自然探訪 立山の旅」速報!

昨日、手代サマから連絡がきました。

手代「定員・・・人数・・・超えそう・・・ヤバイ・・・」
でっちどん「マジで!」

なんとうれしい悲鳴。。。

大野市民を対象とした「歴史・自然探訪 立山の旅」。
8月の4日、5日に開催されるのですが、無事定員に達しました。

ご応募してくれた皆さん!ありがとうございました。
そして、楽しい旅にしましょう。

とりあえず、速報でした。
スポンサーサイト
【2006/07/12 09:31】 イベント | トラックバック(0) | コメント(0) |

泣けるはなし

こちらをクリック(PDFファイル)

とても良いおはなしだったので、blogにアップしておこうと思います。
暇なときにでも読んでみてください。

ちなみに90%以上の人がこの話を読んで泣いたそうです。

そんな事言われて泣けるかぁ・・・っと思っていたのですが、久々に泣きました(笑)



。。。大野とは、全く関係ありません。
【2006/07/11 14:04】 その他 | トラックバック(0) | コメント(0) |

赤兎山のニッコウキスゲ

赤兎山登山に行ってきました。
赤兎山は、大野市と勝山市の市境に位置する加越国境の山の一つで、この時期といえば、やっぱりニッコウキスゲ(日光黄萓)でしょう。
ニッコウキスゲは、別名:ゼンテイカ(禅庭花)とも呼ばれユリ科の植物です。花の色が黄色く、葉は萓笠を作るカサスゲ(笠萓)に似ているからとか、日光地方に多いということからこの名前になったらしい。

通年だと、7月20日ごろが見頃と言われており、昨日だと若干早いかなぁと思っていたのですが、なにしろこの時期は、梅雨まっさかりでなかなか土日に行くことができず、昨日は曇っていたけど、思い切って行ってきました。

山頂までは、だいたい1時間30分から2時間ぐらいの初心者向きの山なので、県外からの登山者にも人気です。昨日も三重県からの観光バスがきていました。
登山道入口まで行くのに、すごく細くガタガタ道を登るので、よくバスが登ってきたなぁと感心しました。

山頂に着くと、ガスというか霧というか雲が、風に流され横にはしります。当然、視界はゼロ。壮大な山々は、全く見えませんでした。

しかーし!
aka_01.jpg

黄色いニッコウキスゲが温かく迎えてくれました。

まだ、つぼみが多かったですが、それでも登山道の周りに咲き誇るニッコウキスゲは、きれいでしたよ。
aka_02.jpg

しかも、赤兎山頂の看板がリニューアルされていて、兎になっていました。
かわいかったので撮影してきました。これも、登った人だけの得点でしょうか。
aka_03.jpg


山頂から山小屋までとても整備されているので、そごく永いしたかったのですが、途中小雨が降ってきたので、あえなく下山しました。
↓赤兎山山頂の池(やまあお蛙のたまごが見えます。)
aka_04.jpg

とにかく今年の登山は、山頂に着いた時360度真っ白が多いので、次こそは、きれいなマウンテンビューが見たいよ~
【2006/07/10 12:07】 その他 | トラックバック(0) | コメント(0) |

昨日の番頭会

昨日の番頭会に参加してきました。
番頭会での大野巡りバスツアーも終わり、次のイベントの企画内容に話題は移っています。(大野巡りバスツアーの詳細は、大野屋事業HPわい番頭blogまっつんblogを見てね)

議題内容のほとんどは、毎年9月に行われる平成大野屋まつりのことでしたが、それはおいおい書くとして、とりあえず、8月4日(金)・5日(土)に行われる「歴史・自然探訪 立山の旅」について・・・

というか・・・8月4日(金)って、平日じゃん!
全く気づいていませんでした。。。

そもそもこの企画、昨年行われたサミットでの支店主さんからの意見より生まれた企画で、支店主さんから、もっと大野市民と交流をもちたいということで挙がったものです。

そして、富山県ナチュラリスト(自然解説委員)の小杉支店主大野勝弘さん、富山市大町支店主大野博美さんの協力の元、実施されます。
二人とも観光案内を仕事としており、かなり期待の出来る旅になると思っています。

登山好きにはたまらない、立山の旅ですよね。
↓室堂平周辺
20060704121002.jpg

↓弥陀ヶ原周辺
20060704121021.jpg


先日、手代K氏が下見に行ってきたとの事ですが、さっそく雷鳥にご対面したというし、今からめっちゃ楽しみです。

大野市民のかたのご参加お待ちしています。番頭&支店主さんと一緒に楽しい夏の思い出をつくりましょう。
詳しくは、大野市観光課までお問い合わせ下さい。
【2006/07/04 10:01】 番頭会 | トラックバック(0) | コメント(2) |

ENTRIES

  • 福井国体まであと1ヶ月(08/30)
  • 暑いですね~(08/07)
  • 和泉地区の積雪は3mを超えた(03/08)
  • 芝桜がきれいです。(05/10)
  • 越前おおの冬物語。始まるよ(02/04)
  • 稲刈りも終わり秋のシーズン到来。大野は里芋の時期ですね^^(10/01)
  • マラソン大会完走(05/27)
  • 雪が降ってきた~ 今年初雪(12/04)
  • 今夜は、福井フェニックス花火!(07/31)
  • 大野の春も間もなく(04/03)
  • COMMENTS

  • papa-san(05/12)
  • おさる(05/11)
  • わい番頭です。(02/20)
  • 手代:けーちゃん(02/19)
  • 手代 K(10/24)
  • 手代(09/24)
  • 手代 K(07/07)
  • TRACKBACKS

  • 日本の自然を見つめる瞳:称名滝について-日本の自然を見つめる瞳(03/11)
  • 優希:共感してくれる人がいるって事(06/29)
  • ARCHIVES

  • 2018年08月 (2)
  • 2018年03月 (1)
  • 2017年05月 (1)
  • 2017年02月 (1)
  • 2016年10月 (1)
  • 2016年05月 (1)
  • 2015年12月 (1)
  • 2015年07月 (1)
  • 2015年04月 (1)
  • 2013年06月 (1)
  • 2009年06月 (3)
  • 2009年05月 (2)
  • 2009年02月 (2)
  • 2008年11月 (1)
  • 2008年10月 (2)
  • 2008年09月 (1)
  • 2008年08月 (2)
  • 2008年07月 (2)
  • 2008年06月 (1)
  • 2008年05月 (2)
  • 2008年04月 (2)
  • 2008年03月 (4)
  • 2008年02月 (3)
  • 2008年01月 (1)
  • 2007年12月 (2)
  • 2007年05月 (4)
  • 2007年03月 (3)
  • 2007年02月 (3)
  • 2007年01月 (2)
  • 2006年11月 (1)
  • 2006年10月 (2)
  • 2006年09月 (5)
  • 2006年08月 (6)
  • 2006年07月 (4)
  • 2006年06月 (6)
  • 2006年05月 (4)
  • 2006年04月 (4)
  • 2006年03月 (7)
  • 2006年02月 (13)
  • 2006年01月 (7)
  • CATEGORY

  • 番頭会 (26)
  • イベント (39)
  • 大野屋事業 (2)
  • 桜 (8)
  • その他 (27)
  • おおのじかん (10)
  • LINKS

  • 平成大野屋マガジン「おおのじかん」
  • 平成大野屋事業
  • 平成大野屋番頭会『わい番頭の七転八起日記』
  • 平成大野屋まっつんのやるやる日記
  • 株式会社平成大野屋
  • 大野市
  • 大野市観光協会
  • 昇竜まいたけ
  • ケイコママ農園(花つみ園)
  • 看板印刷屋のマグネットシート専門店
  • 看板印刷屋のインクジェット出力専門店
  • 看板印刷屋のプレート看板専門店
  • 大野錦町教室(冨士根塾)
  • 上庄里芋を農家直送。中村農園
  • 看板印刷屋の看板製作専門店
  • 大野パッキング
  • 村中パーツ
  • 黒川ブロー工業所
  • CALENDER

    06 | 2006/07 | 08
    S M T W T F S
    - - - - - - 1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30 31 - - - - -

    INFOMATION

    でっちどん

  • でっちどん
  • 全国の大野さん(名字)、全員集合!
  • 管理者ページ
  • RSS
  • おおのじかん
    ↑お問い合わせは
    大野市産業政策課まで
    TEL:0779-66-1111
    または、平成大野屋事業ホームページにて。
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。